埼玉県八潮市の集団食中毒 原因は海藻サラダ

埼玉県八潮市の市立小中学校で給食を食べた児童生徒と教員3453人が、腹痛や下痢の症状を訴えた集団食中毒で、埼玉県は7月13日までに、6月26日の献立に含まれていた海藻サラダが原因との調査結果を明らかにした。

同県保健医療部食品安全課によると、発症した児童生徒の検便と海藻サラダから同じ病原遺伝子を持つ病原大腸菌「O(オー)7」が検出され、これが集団食中毒を引き起こしたと判断した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。