男性シニア保育士が提案 ICTでの働き方改革で魅力化

保育人材の確保に向けて、保育士の仕事の魅力向上策について議論している厚労省の「保育の現場・職業の魅力向上検討会」は7月10日、都内で第3回会合を開いた。同省が全国の保育士らから募集した意見や保育関係者からのヒアリングを踏まえ、保育士の人材確保や働き方改革に向けた取り組みについて意見交換を行った。ヒアリングでは、定年退職後に保育士資格を取得し、男性シニアの保育士として活躍する髙田勇紀夫さんが、保育現場でのICTやシニア人材の活用について提案した。

勤務している認可保育所で子供たちから「じじ先生」と呼ばれているという髙田さんは、保育現場でのICTやシニア人材の活用について提案。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。