埼玉県が体罰の実態調査 被害生徒は過去最多の82人

埼玉県は昨年度にさいたま市立学校を除く県内全公立学校で発生した、教職員による体罰の実態調査結果を公表した。被害に遭った生徒数は、2012年度に調査を開始してから最多の82人。中学校、高校、特別支援学校の計28校から35件の体罰が報告された。小学校での体罰は確認されなかった。

同調査は政令市のさいたま市を除く市町村立の小学校702校、中学校353校、義務教育学校1校、高校2校、特別支援学校2校と、県立の中学校1校、高校139校、特別支援学校36校を対象に、昨年4月から今年3月までに発生した体罰について、各校で児童生徒、保護者、教職員にアンケートを行った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。