緊急給付金、必要な学生に届かない実態も 学生団体調査

新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮した大学生らに対し、文科省が創設した「学生支援緊急給付金」について、大学などの学費・奨学金制度の改善を求める学生団体・高等教育無償化プロジェクトFREEは7月14日、学生への支給の実態に関する調査結果を公表した。経済的に困窮しているが採用されなかった学生や、支援対象となることを知らず申請しなかった学生が一定数いることが分かり、同団体は学生の困窮状況に応じた柔軟な支援や、授業料の半額免除などの措置を同省に求める。

同団体は6月15日から7月12日にかけてインターネットを使ってアンケートを行い、320人の学生の声を集めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。