豪雨被災地に加配教員など追加配置 萩生田文科相

梅雨前線による豪雨の被害が各地に広がっている状況を受け、萩生田光一文科相は7月14日の閣議後会見で、被災した地域の学校を支援する加配教員や学習指導員、スクールサポートスタッフを追加配置する考えを示した。すでに追加配置を決めている熊本県と鹿児島県に加え、長野県、岐阜県、福岡県、大分県についても準備を進める。文科省が取りまとめた被害情報では7月14日午後2時現在、臨時休校となっている学校は136校、短縮授業としている学校は28校となっており、学校施設の被災などによって休校が長引くケースも出てきている。

地域別にみると、臨時休校となっている地域は、熊本県(49校)、鹿児島県(34校)、佐賀県(12校)、福岡県(9校)、広島県(8校)、大分県(5校)など。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。