AIとハッシュタグ型社会 教育の未来テーマに対談

社会はフォルダー型からハッシュタグ型になる――。佐賀県の私立東明館中学校・高等学校の荒井優理事長と、福岡県でプログラミングを学べる学童保育「テックパーク」を運営している佐々木久美子・グルーヴノーツ代表取締役会長のオンライン対談が7月13日に開かれ、AIの普及を見据えた学びをテーマに語り合った。

同校とテックパークはAIやICT教育に関する包括的パートナーシップ契約を締結し、今年度から中学1年生に専門家がプログラミングを教える授業を始めるなど、最新のテクノロジーを取り入れた教育に取り組んでいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。