IT新戦略の柱にオンライン教育を初めて位置付け 政府

2020年の政府のIT新戦略(世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画)について、政府は7月15日、首相官邸で会合を開いた。デジタル化を社会変革の原動力とする「デジタル強靭(きょうじん)化」を推進するに当たり、その柱の一つにオンライン教育などの「学び改革」を位置付ける方針を示した。政府が教育のICT化をIT新戦略の重要な柱に据えるのは初めて。17日に閣議決定する。

会合では、「新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた学校の臨時休業など、非常事態における遠隔教育の重要性が再認識され、学校内での活用のみならず、家庭内でのオンライン学習環境の整備が急務」との見方が示された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。