日本語教育の統一指標で意見公募 CEFR参考に整理

外国人の日本語教育の質を担保するための統一的な指標となる「日本語教育の参照枠」の一次報告案について、文化庁が意見公募を8月3日まで行っている。日本での就労や留学に必要となる日本語教育の基準と目標が定めやすくなるよう、日本語を習得するための指導や評価に関する指標を6段階で整理した。

同案では①日本語学習者を社会的な存在として捉える②言語を使って「できること」に注目する③多様な日本語使用を尊重する――を3つの柱に、CEFRを参考にA1からC2までの6段階で日本語の「参照レベル」を整理。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。