共通テストの「方針再考を」 予備校講師ら文科省に要望

2021年に行われる大学入学共通テストで、複数の日程を設けるなどの特例措置を行うことについて、大学教授らでつくる「入試改革を考える会」の有志は7月16日、文科省に方針の再考を求める要望書を出した。要望書を取りまとめた予備校講師の吉田弘幸氏は「第2日程をわずか2週間後に設定しても学習の遅れを取り戻すことはできず、救済にはならない。受験生の事情に配慮し、入学時期の後ろ倒しも含め、より柔軟な方法を検討するべき」と訴えた。要望書には大学教授、高校教員ら18人が賛同している。

同会有志は要望を出した理由を▽第2日程では学習の遅れを補うことはできず、かえって「どちらの日程で受験すべきか」について、受験生に無用な悩みを強いる▽共通テストが初めて実施される年のため、各日程で難易度に差が生じていたとしても調整が難しく、公平性が担保されない――と説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。