少人数学級の実現に注目高まる 大学教授ら署名活動開始

新型コロナウイルスの感染拡大に取り組みながら学校を運営するためには、少人数学級を実現するべきだとして、教育を研究する大学教授らが7月16日、文科省内で記者会見を開き、学級編成の標準を現在の40人から、来年度にも30人に、その先には20人程度にする必要があると訴え、インターネット上で署名活動をスタートさせたことを明らかにした。少人数学級の実現は、地方自治体の首長らが必要な教員の確保と合わせて政府に要望しているほか、全日本教職員組合(全教)が同日公表した学校実態調査でも学校現場の声として多く挙げられている。Withコロナ時代の学校運営を考える上で、長年の懸案だった少人数学級の実現に注目が高まってきた。

署名活動の狙いについて、記者会見した乾彰夫・東京都立大名誉教授は「(新型コロナ感染症のリスクがある状況で)学校生活を継続していくためには、教室の空間的ゆとりを確保しつつ、児童生徒一人一人に寄り添った指導やケアが提供できるよう、教育条件を整備しなければならない」と説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。