教育再生会議にWG設置 「新たな日常」の学校像を議論

ポストコロナの学校教育について、安倍晋三首相が直轄する教育再生実行会議で本格的な議論がスタートすることになった。政府は7月17日、次回の会議を7月20日に開き、初等中等教育と高等教育の2つのワーキング・グループ(WG)を設置する方針を表明。初等中等教育では、学校教育における対面指導とオンラインのハイブリッド化など、ICT活用を踏まえた「新たな日常」(ニューノーマル)における教育について方向付けを目指す。高等教育では、国際的な大学の競争・連携やデジタル化への対応などが検討される。9月入学(秋季入学)も課題に挙げられた。

教育再生担当大臣として教育再生実行会議に出席する萩生田光一文科相は7月17日の閣議後会見で、会議の進め方について「早急に取り組む必要のある課題と、じっくり議論しなければならない課題がある」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。