県立岐阜商業高校でクラスター 関係者8人が感染

岐阜県岐阜市の県立岐阜商業高校で7月15日から19日にかけて教員4人、生徒3人が新型コロナウイルスに感染し、他校に通う姉妹からも感染者1人が出たことから、県はクラスターが起きたと認定した。同県教委によると、高校でクラスターが発生したのは全国で初めて。学校からクラスターが発生したことを重く見た同県教委は29日まで同校を臨時休校とし、濃厚接触者にとどまらず、感染した教員や生徒と校内で接触した可能性のある約1050人に幅広くPCR検査を行っている。このほか、大阪府大東市の市立四条中学校でも20日までに教職員2人、生徒7人の新型コロナウイルス感染が分かり、府はクラスターの可能性もあるとみて調査を進めている。

県立岐阜商業高校では、40代の男性教諭が7月4日に37度台の発熱と倦怠(けんたい)感に見舞われた後、10、11の両日も38度台の発熱や頭痛があったため、医療機関を受診して15日に陽性が判明した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。