少人数学級を「計画的整備」 教育再生実行会議スタート

安倍政権下の今後の教育政策を方向付ける政府の教育再生実行会議が7月20日、1年2カ月ぶりに首相官邸で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた「ポストコロナ期における新たな学び」をテーマに、新たな議論が開始された。会議では、初等中等教育について、学校のICT環境整備を進める中、対面指導とオンライン授業のハイブリッド化を求める考えや、少人数学級の実現を求める意見が強かったという。萩生田光一文科相は「(現在の40人学級は)限界を超えている」と述べ、少人数学級の「計画的な整備」に向けて検討していく考えを示した。実行会議は、来年5月をめどに提言をまとめる見通し。

安倍晋三首相は冒頭、「今般の感染症の影響によって、子供たちの学びに遅れや、地域や学校の間で格差が生じるようなことはあってはならない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。