アフターコロナの学校の働き方改革 オンラインでシンポ

社会に向けて学校の長時間労働などを問題提起している名古屋大学の内田良准教授らによるオンラインシンポジウムが7月18日に開かれ、アフターコロナにおける教員の働き方改革が議論された。登壇者らは、感染防止対策や学習の遅れへの対応で、学校現場の疲弊が一層進むと警鐘を鳴らした。

同シンポには、内田准教授の他に、公立高校教員の斉藤ひでみ氏(筆名)、工藤祥子・神奈川過労死等を考える家族の会代表、日本労働弁護団常任幹事の嶋﨑量弁護士が登壇。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。