【入試改革】大学向けに大規模な実態調査を開始 文科省

今後の大学入試について議論する文科省の「大学入試のあり方に関する検討会議」の第12回会合が7月21日、WEB会議で開かれ、文科省が全ての大学(短大を除く)に対し、入試に関する総合的な実態調査を始めたことを明らかにした。調査票は14日に発出し、回答期限は9月14日。集計結果の取りまとめは10月以降になる見通し。

調査する項目は、入試方法などの基本情報に加え、センター試験の利用方法、個別選抜の詳細(英語4技能別の出題、学力検査以外に考慮する資料など)、英語資格・検定試験の活用実態、記述式問題の出題、入学者の多様性を確保するための取り組みなど。……