近未来を見据えた人材育成 日本学術会議が提言

AIを搭載したロボットが日常生活の中で当たり前に使われる近未来を見据え、日本学術会議は7月21日、AIやロボットに関する研究を進めるための人材育成を求める提言を公表した。AIやロボットの技術開発だけでなく、ユーザーがこれらを理解し、正しく利用する社会を築くために、法律や医療などの分野における教育の必要性や、初等教育から高等教育までの一貫した教育プログラムの構築などを盛り込んだ。

提言では、AIとロボット技術の急速な発展は、これらへの誤った理解による過度な期待や将来への不安を人に与えたり、AIを搭載したロボットが人類に危害を加える可能性が指摘されたりするなど、ユーザーが正確に理解しているとは言えない状況があると強調。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。