コロナで拡大した教育格差 学校に何ができるかなど議論

新型コロナウイルスによって拡大した教育格差に、学校や地域は何ができるのか――。日本教育学会は7月20日、新型コロナウイルスと教育をテーマにした3回目となるオンライン座談会を開いた。教育社会学が専門の志水宏吉大阪大学教授と清水睦美日本女子大学教授、社会活動家で「全国こども食堂支援センター・むすびえ」の理事長を務める湯浅誠東京大学特任教授が登壇。休校の長期化による教育格差の問題を話し合った。

学力格差や、それを縮小させる「力のある学校」の研究で知られる志水教授は、教育格差は入口、プロセス、出口の3つの段階があり、世代間でループしていると説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。