コロナ対応の大学入試、配慮は十分? 全高長会長に聞く

新型コロナウイルスの影響を考慮し、2021年の大学入学共通テストは当初の日程よりも2週間遅い第2日程が設けられ、高校3年生が選択できるようにするなどの対応が決まった。しかし、教育新聞が7月2~13日に実施した「Edubate」の読者投票では、こうした対応について「不公平だと思う」と回答した割合が75%(394票)に達した。休校の長期化で学習の遅れが生じている中で、高校現場はどんな配慮を求めているのか。全国高等学校長協会会長(全高長)の萩原聡・都立西高校校長にインタビューした。
第2日程は実質的に配慮されていない
――文科省や大学入試センターが公表した共通テストの対応について、どのように評価していますか。
まず、全高長としての要望は、年度内に行われる総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)も含めて、大学入試の日程を一律に1カ月程度遅らせてほしいというものでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。