「わいせつ教員の厳罰化、早期に法改正」 萩生田文科相

児童生徒へのわいせつ行為やセクシュアル・ハラスメントで処分を受ける教員が過去最多となったことを背景に、萩生田光一文科相は7月22日、懲戒免職処分を受けても3年が経過すれば免許状を再取得できる現行の教育職員免許法をより厳しく見直すため、早期の法改正に向けた準備を進めていると衆院文部科学委員会で述べた。

同日午前に開かれた同委員会では、質問に立った自民党の池田佳隆議員が「現在の教育職員免許法には大きく2つの欠陥がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。