オンラインとのハイブリッド型授業を実施へ 都教委定例会

東京都教育委員会の定例会が7月27日に開かれ、6月1日から段階的に再開した都立学校の取り組み事例が報告された。新型コロナウイルス感染症への対策では、手洗い場を増設して登校時の手洗いを徹底させるなどの取り組みを報告。感染第2波への備えとして、対面指導とオンライン授業を組み合わせ、ハイブリッド化した教科学習を実施していく方針も確認された。ICTを活用した授業では、生徒がスマホなどでYouTube上の授業動画を視聴しながら学習を進め、教員は生徒の個別指導に時間を割くことできめ細やかな指導が可能になった事例などが挙げられた。

都立学校は6月1日から分散登校と通勤ラッシュの時間帯を避けた時差通学を組み合わせて、週に1日から3日程度の登校を再開。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。