JAPAN e-Portfolioの運営許可取り消しへ 萩生田文科相

高校生の学習や部活動などの記録を電子的に蓄積し、大学入試の主体性評価に活用する「JAPAN e-Portfolio」(ジャパンeポートフォリオ)について、萩生田光一文科相は7月22日の衆院文部科学委員会で、同システムを運営する一般社団法人教育情報管理機構(山崎光悦会長)に対し、運営許可を取り消す方針であることを明らかにした。

萩生田文科相は、国民民主党の城井崇議員からの質問に対する答弁で「(大学入学者選抜における多面的な評価の在り方に関する)協力者会議において、同機構の財務状況を不安視する意見が多く出された」と発言。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。