不来方高校バレー部の生徒自死 顧問による叱責が関連

部活動が盛んなことで全国的にも有名な岩手県立不来方(こずかた)高校で、2018年7月に当時3年生だったバレーボール部員の男子生徒が自死した問題をめぐり、岩手県教委の第三者委はこのほど、顧問による叱責(しっせき)と暴言が不安感や絶望感を増大させたとして、自死との関連性を指摘する報告書を取りまとめた。報告書では、生徒の異変に周囲の生徒が気付いていたことや、学校生活アンケートで「安心でない場所がある」と答えていたにもかかわらず、適切な対応を取らなかった学校側の問題も課題に挙げた。

報告書によると、生徒は1年生のころから試合に出場し、2年生の時点でバレーボール部のある大学からの推薦も得られていたが、以前から周囲の友人に「背が高いだけで運動能力は高くない」と話すなど、劣等感を抱いており、大学でもバレーボール中心の生活を続けることに不安を感じていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。