子供の最善の利益に基づく意見表明権 WTが考え方整理

虐待で一時保護をする際などに、子供の意見を聞き、最善の対応策を決める仕組みづくりを検討している厚労省の「子どもの権利擁護に関するワーキングチーム(WT)」は7月27日、都内で第2回会合を開き、国連の「子どもの権利条約」を踏まえて、考え方を整理した。WT構成員の大谷美紀子弁護士が報告を行い、子供の意見表明権の保障は、子供の最善の利益の原則に基づいたものであるべきだと強調した。

国連子どもの権利委員会の委員を務める大谷弁護士は、子どもの権利条約に規定されている子供の意見表明権や、虐待による子供の保護などに関する関連条文を取り上げ、ポイントを解説。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。