学校活動の「密」に懸念 文科相とPTA団体が意見交換

萩生田光一文科相は7月28日、PTA関係者を文科省に招き、新型コロナウイルスの感染拡大による長期休校を経て再開した学校の現状について、意見交換を行った。PTA側は「学校活動で児童生徒と教員が密な状態になりやすい」との懸念を伝え、感染第2波への備えを念頭にオンライン授業の実現に向けた取り組みを求めた。萩生田文科相は今後、校長会や地方自治体など教育関係団体との意見交換を順次実施する考え。

この日の意見交換は、日本PTA全国協議会の北川和也代表理事と全国高等学校PTA連合会の泉満会長が出席し、約40分間行われた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。