社会に開かれた少年院 これからの矯正教育など議論

1本の太い糸より100本の細い糸――。NPO法人「新公益連盟」で少年院に関する支援を行っている団体が主催するオンラインセミナーが7月27日に開かれ、少年院出院者へのインタビュー調査などを基に、これからの矯正教育や、社会に出た後の支援の在り方を関係者が話し合った。登壇者らは少年院が社会に開かれる必要性を訴えた。

少年院での取り組みが社会復帰後にどう影響するか、どんなことに困難を感じているかを明らかにするため、同連盟の少年院分科会に所属する団体では、実際に在院経験のある10人に昨年末からインタビュー調査を実施した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。