ブロックチェーンで学歴を立証 「学習履歴を可視化」

暗号技術を使い、ネットワークに接続した複数のコンピューターに安全な状態でデータを共有できるブロックチェーンを教育にどう活用するか、紙の証明書のデジタル化を手掛ける企業「Las Trust」(ラストラスト)の取り組みを紹介する、超教育協会(会長・小宮山宏三菱総合研究所理事長)のオンライン講演会が7月29日、開かれた。改ざんが不可能なブロックチェーンに記録することで、卒業証明書や取得した資格などが安全にデジタル化でき、こうした学習履歴を世界中のどこからも確認できるようになると、同社の圷(あくつ)健太CEOが、就職活動や社会的信用の担保に利用することへのメリットを説明した。

同講演会は「ブロックチェーン×教育~学歴をオンラインで立証」の演題で開かれた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。