急増する児童福祉司などの養成 厚労省WGで論点を協議

児童相談所の職員など、子供や家庭の福祉について専門的な支援を行う人材の育成や資質向上策を検討している、厚労省のワーキンググループは7月29日、都内で第4回会合を開いた。これまでの議論を踏まえ、研修や養成、人事制度に関する論点が示され、それを基にして具体的な方向性を話し合った。構成員からは、政府の児童虐待防止プランを踏まえ、急増する児童福祉司に関する人材育成の課題について、現状を懸念する意見が出された。

深刻な児童虐待の事案に対し、児童相談所が多忙化し、十分に対応しきれていない課題を受け、政府は2022年度までに児童福祉司を約2000人程度、児童心理司を約800人増員するなどの方針を盛り込んだ「児童虐待防止対策体制総合強化プラン」を策定。児相の配置基準も見直されることとなった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。