社会課題を解決するビジネス創る 中学生からの起業ゼミ

社会課題を解決するための創業を支援する企業の社員が、起業のためのスキルを中学生段階から教える探究型の授業がこのほど、東京都調布市にあるドルトン東京学園中等部・高等部(荒木貴之校長、生徒241人)で行われた。参加した生徒は、実際にビジネスで使われているツールを使い、実際の課題からビジネスを考えた。

新しいビジネスのアイデアが本当に価値のあるものかを確認する「リーンキャンバス」と呼ばれるフレームワークを用いて、中学1、2年生の生徒28人が課題を設定。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。