校長会が文科相と意見交換 消毒など現場の負担訴える

小・中・高・特別支援学校の校長会は7月30日、会長らが萩生田光一文科相と面会し、学校再開後の状況について意見交換した。小中高の校長会は、夏休みの短縮などにより学習の遅れを取り戻しつつある一方、教職員が消毒などの業務で負担を感じていること、新型コロナウイルスの感染第2波も踏まえ、1人1台端末の速やかな実現が必要であることなどを訴えた。萩生田文科相は物的・人的体制の整備について補正予算の活用を促したほか、ICT端末の整備も積極的に進めると改めて明言した。

意見交換に臨んだのは、全国連合小学校長会の喜名朝博会長、全日本中学校長会の三田村裕会長、全国高等学校長協会の萩原聡会長、全国特別支援学校長会の市川裕二会長、日本私立小学校連合会の重永睦夫会長ら5人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。