リモートワークで地方創生、リカレント教育重視 未来投資会議

Withコロナとポスト・コロナの社会像を議論する政府の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)が7月30日、首相官邸で開かれ、大きな方向性として、首都圏への一極集中を是正し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展を通じた新しい働き方(働き方改革)の定着と、リモートワークによる地方創生の推進によって「分散型居住を可能とする」との基本理念を打ち出した。長期的なビジョンに立った企業像や持続可能性を持った社会像など資本主義の形を問い直す方向性も固まった。教育分野では、リカレント教育やオンライン教育の充実を求める指摘が複数の民間議員から出された。

この日の未来投資会議は、来年夏に予定される新たな成長戦略実行計画の策定に向け、新メンバーを加えて拡大した会議の初回に当たる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。