熊本市が教育委員会会議をライブ配信 透明性高める狙い

熊本市教委は7月30日、定例会議をYouTubeでライブ配信する取り組みを開始した。傍聴に出向かなくても教育委員会の議論を聞けるようにすることで、教育施策に関する意思決定の透明性を高める狙いがある。議会をライブ中継する自治体は多いが、教育委員会の会議をライブ中継するのは全国的に見ても珍しい。

同市教委ではこれまでも会議の傍聴を認め、議事録を公開していたが、傍聴人数は限られ、議事録も教育委員の承認を得た上で公開していたため、時間がかかっていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。