中学校へのスマホ持ち込み、条件付き容認 文科省が通知

文科省は7月31日、緊急時の連絡手段の確保を目的とした中学校への携帯電話の持ち込みを一定の条件の下で容認する通知を、都道府県・指定都市の教委などに出した。小学校では引き続き原則禁止とするが、個別の状況に応じ、やむを得ない場合は例外的に認める。また特別支援学校について、各学校と教委で判断するという内容を新たに明記した。

これまで2009年の通知により、学校への携帯電話の持ち込みについて、小中学校は原則禁止、高校は各学校の判断に委ねるものの校内での使用は制限するとしてきたが、携帯電話の普及を背景に、「学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議」での審議を経て、通知内容を見直した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。