東大21年入試、出題範囲に変更なし 追試も実施

新型コロナウイルスによる休校を踏まえた配慮が議論されている2021年度の大学入試について、東京大学は7月31日、入学者選抜要項を公表し、来年2月25日から行われる一般選抜では出題範囲や、第1段階選抜における大学入学共通テストの利用科目の変更は行わないとした。関係者へのヒアリングなどを通じ、大幅な学習の遅れは生じていないと判断。問題文などで、一部の知識がなくても解答できるよう工夫する。また、新型コロナウイルス感染で一般選抜を受験できなかった場合には、追試験を実施。日程は3月22日からを軸に調整中としており、8月をめどにWEBサイトで公表する。

同学は「各高校の学習の遅れについてはかなり調査をして、学習の遅れはほぼ解消できる見通しであることを確認した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。