【共通テスト】現役生の9割が第1日程希望 文科省調査

新型コロナウイルスの影響で学習が遅れた高校生に配慮するため、2つの試験日程が設定された大学入学共通テストについて、萩生田光一文科相は7月31日の閣議後会見で、全国の高校3年生を対象とした意向調査の概要を明らかにした。それによると、第1日程(2021年1月16日・17日)の希望者は43万1000人で、全体の9割を超えた。第2日程(1月30日・31日)の希望者は3万2000人だった。萩生田文科相は、第2日程の試験会場を全ての都道府県で確保する方針を改めて確認した上で、離島などでの会場設定にも配慮する考えを示した。

文科省高等教育局大学振興課大学入試室によると、意向調査は7月1日から20日までの間に、高校や中等教育学校などを設置する全国の自治体などを経由して、全ての高校3年生を対象に実施した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。