部活動で女子生徒が集団感染 京都市の八条中で

京都市南区の市立八条中学校で7月27日から31日にかけて、同じ部活動に所属する生徒ら6人が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、京都市は集団感染が発生したとみられると、7月31日に発表した。同校と練習試合をした2校からも感染した生徒が1人ずつ出たため、同市教委はこの3校で部活動を含む全ての教育活動を8月18日まで中止するとした。併せて、市内の中学校や高校に向け、夏休み中の部活動で対外試合を行う場合は事前に校長らと情報を共有し、感染症対策を一層徹底するよう注意喚起した。

7月31日までに感染が確認されたのは、八条中から6人、山科区の安祥寺中と右京区の京都京北小中から1人ずつで、いずれも女子生徒。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。