「1人1台端末、維持更新にも財政措置を」 政令市要望

指定都市市長会副会長の熊谷俊人千葉市長と、指定都市議長会会長の岩井雅夫千葉市議会議長は8月4日、文科省の藤原誠事務次官と面会し、GIGAスクール構想における1人1台端末整備については初期整備だけでなく、保守・管理など運用にかかる維持費についても国が財政措置を継続的に行うなど、制度の充実を求めた。藤原事務次官は1人1台端末が標準になるのであれば国庫負担が望ましいとの認識を示し、「政府全体の意見になるよう努力していきたい」と応じたという。

面会後に記者会見した熊谷市長は、端末やネットワークの保守・管理に加え、定期的な更新にかかる費用が巨額に上るとして、「この費用を担保してもらわないと、戦略的な教育予算が失われるリスクがある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。