ゲームを通して「考える」平和学習 長崎の高校生が挑戦

ゲームを通して考える、新たなアプローチの平和学習――。長崎県原爆資料館で、長崎県立長崎東高校と活水高校の生徒8人が参加し、ゲーム形式で平和を考えるワークショップ「Peace Games」が開かれた。

「Peace Games」は電通Bチームが開発したプロジェクトで、企業の新商品開発などで使われてきたアイデア発想の支援プログラムを平和学習に応用。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。