京都市、看護師を教諭に 医療的ケア児への対応を充実

京都市教委はこのほど、医療的ケア児への対応を充実させる狙いで、来年度から看護師を教諭として採用すると発表した。特別免許状制度を活用するため、教員免許を持っていなくても対象となる。全国的にも珍しい取り組み。

受験資格は看護師免許所持のほか、重症心身障害児の臨床経験や、特別支援学校での看護勤務が3年以上あることなど、障害児に関わった豊富な経験が求められる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。