数学で実効性ある統計教育を 入試の出題範囲見直し提言

データサイエンスの重要性が増す中、現状の算数・数学教育では十分な統計に関するリテラシーが育たないとして、日本学術会議は8月4日、新学習指導要領における実効性のある算数・数学の統計教育を求める緊急提言を公表した。現行の学習指導要領では、大学入試で確率や統計に関して出題されるケースが少ないことが、高校での統計軽視につながっているとし、大学入学共通テストでの数学の出題範囲を見直すことなどを盛り込んだ。

提言では、AIが社会に普及してデータサイエンスの重要度が増し、国民が統計的なリテラシーを身に付ける必要性が高まっている中で、現行の学習指導要領では、特に高校で確率や統計があまり学ばれていないと指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。