小学生が夏休みを川柳に コロナの影響を詠んだ句も多数

夏休み、恋も友達も、ディスタンス――。ベネッセコーポレーションは8月6日、小学4~6年生を対象に募集した「小学生の夏休み川柳2020」の優秀作品を発表した。旅行にも行けず、友達とも会えない夏休みの寂しさや、ライフスタイルの変化など、新型コロナウイルスの影響を詠んだものも多かった。

優秀作品には、保護者の在宅勤務の実情を捉えた「おかあさん、リモートだから、きがえない」や、夏の風物詩が中止となってしまったことを憂えた「太鼓の音、今年は聴けない、ドンドンドン」、リモートでもコミュニケーションできることをアピールした「友達と、ゲームでつながる、夏休み」が選ばれた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。