全国学力調査CBT化 メリット・デメリットと課題を議論

文科省は8月7日、全国学力調査のCBT(コンピューター使用型調査、Computer Based Testing)化を検討する第4回会合の様子をオンデマンド公開した。同会合は先月31日にWEB会議で行われ、事業者からCBT化によるメリットとデメリットが説明されたほか、特別な配慮が必要な児童生徒への対応や、国語の縦書き問題についての課題点が議論された。

まず委託事業者である教育測定研究所と内田洋行が、CBT化によるメリットとデメリットを説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。