今年度に限り教育実習なしも容認 受け入れ困難で特例

教員免許状の取得に必要な教育実習について文科省は8月11日、今年度は実習生の受け入れが困難な学校が少なからずあることが見込まれるとして、やむを得ない場合には、教育実習の科目の総授業時間の全部または一部を大学での科目で代替できる特例措置を、今年度に限り講じるとした。同時に今後、教育実習を経験していない初任者が出ることを踏まえ、初任者研修での十分な配慮を都道府県教委などに求めた。

今年5月の通知では、「今年度に限り、教育実習の科目の単位の3分の1までを大学での実習で代替可能とする」としたが、今回の措置でさらに拡大させた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。