学校のトランスジェンダー(上)男女分け文化に悩む生徒

制服(標準服)がつらい、学校が苦しい。ここ数年、身体の性別と心の性別が一致しないトランスジェンダーの生徒の苦悩が知られるようになり、性別に関係なく選べる制服を導入する学校が増えている。ただし、当事者に話を聞くと、つらいのは制服だけではないという。「男女分け」の文化や、教員の中に理解者が少ないことなど、形だけでなく意識面の見直しも必須であることが浮かんできた。

多様な子供たちが嫌な思いをせず学校に通えるようにするためには、どんな環境が必要なのか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。