リアル×オンライン 静岡聖光学院が挑む新しい教室空間

「リアルとオンラインのシームレスな教室空間」をつくろうと、静岡市にある静岡聖光学院中学・高校(星野明宏校長、生徒473人)の教職員によるプロジェクトが始まった。教室でのリアルな授業にオンラインで参加する生徒が、教室にいる場合とほとんど変わらない学びを提供できるようにする。資金はクラウドファンディングで調達し、1教室当たり20万円という低コストでの実現を目指す。同校では、この新しい教室のモデルを、公立学校を含む全国に広めたいという。
ストレスをなくす
生徒1人に1台のタブレット端末の導入を進めるなど、ICT環境の整備に力を入れてきた同校では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一斉休校で、同県内でもいち早くオンラインによるホームルームや授業の配信を始めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。