沖縄や長野で休校延長 神奈川や福岡の学校で集団感染

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄県の9市町村が小中学校を臨時休校とし、長野県大町市の小中学校で夏休みが延長されることになった。一方、神奈川県厚木市の小学校と福岡県大牟田市の高校では児童や生徒の集団感染が確認された。新型コロナの学校現場への影響が収まらない状況が全国各地で続いている。

新型コロナウイルスの感染者が急増している沖縄県では、警戒レベルが第4段階の「感染蔓延(まんえん)期」に引き上げられ、那覇市、糸満市、豊見城市、南城市、浦添市、与那原町、南風原町、八重瀬町、宜野座村の9市町村で、23日まで小中学校を臨時休校とすることを決めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。