生涯学習もオンライン活用 中教審分科会が議論の整理案

あらゆる世代や人が地域で主体的に学ぶ社会づくりについて検討を重ねてきた中教審の生涯学習分科会は8月17日、第110回会合を開き、ポストコロナや国連の持続可能な開発目標(SDGs)に対応した、これからの生涯学習の方向性を示した第10期の議論の整理案について、大筋で合意した。新型コロナウイルスの感染拡大によって社会が大きく変化する中での生涯学習の意義を強調。GIGAスクール構想で学校における1人1台端末が整備される状況を踏まえ、社会教育やリカレント教育でのオンライン活用の充実を盛り込んだ。

議論の整理案では、障害のある人や外国にルーツのある人たち、社会的に孤立しがちな若者や高齢者など多様な人たちが、排除や差別を受けることなく、地域社会で共生していくインクルーシブな社会の実現を目指す考えを強調。……