【大学入試】追試など各大学の配慮を公表 文科省まとめ

新型コロナウイルスに伴う休校による学習の遅れを背景に、文科省は、来年春の大学入試で各大学が導入する受験生への配慮事項を一覧にしてまとめた。8月17日現在、500校分をホームページに掲載しており、今後も順次追加する。国立大学の一般選抜では、国立大学協会(国大協)が公表した実施要領に合わせ、追試を実施するほか、発展的内容からの出題はしない、出題する場合は説明を付けるなどの配慮を行う大学が多い。私立大学でもさまざまな工夫がみられる。

国立大学の入試については国大協が7月、大学入学共通テストでは5教科7科目を求めることを原則としつつ、感染した場合の受験機会の確保のために追試の実施を要請。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。