ユニバーサルデザインフォント 学校での普及策など発表

教育機関向けのユニバーサルデザイン(UD)のフォント「UDデジタル教科書体」を提供している、フォントメーカー「モリサワ」主催のオンラインセミナーがこのほど開かれ、講演や、特別支援学校での普及についての実践発表が行われた。

UDデジタル教科書体は、文字の形を分かりやすく、濁点や半濁点を識別しやすくするなど、弱視などの人でも読みやすいように改善され、かつ、画数や字形、運筆を教育現場で使われている教科書体に合わせてデザインされたフォントで、Windows10にも標準搭載されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。