小学4~6年生の4.2%がネット依存 富山大が調査

小学4~6年生の4.2%がネット依存の状態にあることが、富山大学がこのほど、同県内の小学生を対象に実施したインターネット調査で明らかとなった。男子児童の3人に1人はネット上で課金をしているなど、トラブルにつながる可能性のある行動が一般的になりつつある実態も浮き彫りとなった。

調査結果によると、ネット依存にある児童は男子では5.2%、女子では3.2%。平日のネット利用時間が4時間以上だと、ネット依存は17.6%と高い割合になった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。