学習指導要領を先取り 高校情報科がオンライン全国大会

高校の情報科の教員らでつくる「全国高等学校情報教育研究会」は8月16日、オンラインによる全国大会を開催した。2022年度から移行が始まる高校の新学習指導要領を先取りした実践や、休校期間中のオンライン授業の取り組みなど、各地の事例が報告された。

講演では、国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部の鹿野利春・教育課程調査官が「新しい情報科に向けて準備をしよう」というテーマで、新学習指導要領で情報科に設定された共通必履修科目の「情報Ⅰ」と選択科目の「情報Ⅱ」の狙いや、想定される学習活動について解説。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。